古本の高価買取査定ガイド > 買取価格が安いときは
買取価格が安いときは

実際に買取査定してみると、「どうしてこの本がこんな安いんだよ!」と思ってしまうときがあります。定価2000円の本が150円とか、500円は20円とか、どうも納得いかない査定価格が提示されることもあるでしょう。

人間どうしてもお金が絡むと自己中心的なとらえ方をしてしまうものなので、ここでは具体的な古本屋のサイクルを考えてながら、提示される査定価格が安いのはどういうことなのかを明らかにしたいと思います。

まずはあなたが古本を売りに来ます。それはあなたが新品として買った時点から紛れもない古本です。

古本屋は買うことが最終目的ではないので、最終的に売るための本として買取価格を考えます。
買取価格を決定する要因は古本屋の仕事そのものです。
具体的には本を置くスペース、スペースをとったまま売れ残り、結局廃棄するときの費用をかけるリスクなどがあり、さらにはそれまでに売れる希望を持って、買い取ったときに磨き、毎日のようにハタキをかけ、パソコンにより在庫を管理するための人をその場に拘束する人件費を考慮しなければなりません。もちろん査定にも時間がかかります。
チェーン店のバイトならそこまで気にしてないかもしれませんが、誰かしらはこういった売れないことの怖さ、売れるまでの費用というものを考慮して神経質に価格を決定しているのです。

中にはそれを差し引いても、その本を必要としている人、趣味の人は定価に近い価格でも買ってくれる、だからもっと買取価格を上げてほしいと思う方もいるでしょう。
しかしこの考えも古本屋からすると微妙で、実際は似た本が在庫ですでにあったりしますし、そのジャンルが好きな人はあなたと同じように新品で購入することが多いですから、どの店をまわっても見つからないというタイトルでもなければ、なかなか査定で高い評価をつけるわけにもいかないのです。

こういったことから古本屋は素人からしたら納得いかない、数十円といった低価格もときどき提示してきます。

あなたが査定価格を知ったときに不満そうな顔をすると店員もやるせないでしょうから、それだったらあらかじめこれらのリスクが比較的小さそうな古本屋を選べばいいのです。


Copyright © 2010 古本の高価買取査定ガイド . All rights reserved